流れ星を見るならいつがいい?

・・・流れ星が消える前に願い事を3回唱えることができれば、その願いが叶う。

 

そんな言い伝えがあることで有名な流れ星。普段でも一晩中空を見上げていれば2つ〜3つは見ることが出来るのですが、いつどの方向に流れるか、まったく分からない為、流れ星に出会うためには「根気」と「運」が必要です。

しかし、そんな流れ星がたくさん見られる時があるのです。

たくさんの流れ星のことを流星群と言いますが、流星群は1年の中で見える時期が決まっているのです。そのため、流れ星を見るなら流星群の時期がオススメです。

ただし、流星群ならどれでもたくさんの流れ星が見られるか、と言うとそうではありません。

たくさんの流れ星が見られるものと、少ない数の流れ星しか見られないものがあります。ちなみに、たくさん流れるものは、1時間に100こ程度見られますが、少ないものだと、1時間に2〜3個程度です。

どうせなら、たくさんの流れ星が見たい!と思ったら、これから冬の時期に空を見上げてみましょう。

 

12月中旬と、1月上旬がオススメです。

12月中旬は、「ふたご座流星群」が見られます。

1時間に50個〜80個程度の流れ星が見られると言われています。おすすめの時間帯は、12月13日の夜〜14日の明け方にかけてと、14日の夜〜15日の明け方にかけてです。

 

そして、2018年1月上旬は、「しぶんぎ座流星群」が見られます。

来年は、1時間に20個程度の流れ星が見られると言われています。おすすめの時間帯は、1月4日の明け方です。

 

この「ふたご座流星群」と「しぶんぎ座流星群」は、1年を通してみられる流星群の中でも特にたくさんの流れ星が見られる流星群として有名で、この他に、お盆の時期に見られる「ペルセウス座流星群」を加えて、三大流星群と呼ばれています。

三大流星群のうち、2つが冬の時期に見られるのです!ぜひ、これからの時期は流れ星を楽しみに空を見上げてみましょう!

 

ただし、流れ星を見る時に注意してもらいたいこともあります。

・できるだけ空を遮るものがない場所で見ること。

・周りに灯りがない場所で見ること。

・車の往来など危険な場所は避けること。(駐車場などでの観察は絶対にダメです)

・月が目に入らないように月とは反対方向の空を見ること。(今回は、ふたご座流星群もしぶんぎ座流星群も明け方には月があります。)

・防寒対策をしっかりとして風邪をひかないようにすること。

 

これらに注意して、楽しい流れ星観察にしてくださいね。もしかすると、願いが叶う・・・かも?!しれませんよ。

 

 

橋本靖之

橋本靖之ふくしま浜通り天文科楽普及プロジェクト副代表

投稿者プロフィール

ふくしま浜通り天文科楽普及プロジェクト副代表
星空アンバサダー育成部部長&講師
夢のほしぞら配達 代表
 
小さい頃、山の上で見た星空に感動して天文学の道を目指す。
大学で天文学を専攻し、天文台関連施設やプラネタリウムでの専門職員を経験した後、独立。現在は、移動式プラネタリウムを運営する合同会社夢のほしぞら配達の代表として、福島県内外で活動中。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の投稿

  1. 11月7日(木)、いわき駅前(南口)イベント広場(ペデストリアンデッキ)にて観察会を開催します。※雨…
  2. 今月の星空マップが出来上がりましたので、どうぞご活用くださいませ~ 10月3日から…
  3. みなさん、こんにちは! 代表の野木です。 今週末、いよいよ宇宙フェスが開催されます! 当日までの…
  4. 宇宙フェス〜ワンデイ科学館 開催のお知らせ この度、当団体では【 宇宙フェス〜ワンデイ科…
  5. 今月の星空マップが出来上がりましたので、どうぞご活用くださいませ~ 秋と言…
  6. 9月21日(土)に開催する宇宙フェスにて、国立天文台副台長で国際天文学連合の副会長でもある渡…
  7. 副代表による先日のコラムにも書かれておりました「とよまの灯台 星空観望会」。 お陰様で大盛況でした!…
  8. 連日のラジオ出演だった我らが橋本先生、今度は地元の夕刊紙でコラムの連載が始まりました。 いわきでは…
  9. 星空アンバサダー2期生、すくすくと成長中です! 早いもので第2期講座もすでに4回実施さ…
  10. 今月の星空マップが出来上がりましたので、どうぞご活用くださいませ~ 梅雨が明け、天候が安定する…
ページ上部へ戻る